同級生が椎間板ヘルニアを手術

突然lineで、

同級生:「大分動けるようになった。」

私:「何の話?」

同級生:「この間MRIを送ったんだけど見ていないの?」

私:「ごめん、携帯のメール見ていない。見ておく。」

  「これ珍しいヘルニアだね。いつ手術したの?」

同級生:「1月27日、2時間で終わるところ3時間半かかったって。」

  「手術のあと、足の感覚がなくて指が動かない。」

  「でも、少し感じるようになってきている。」

というようなやり取りでした。

矢後ヘルニア02

送れられてきたMRIに写っていたヘルニアは、見てびっくり。

上に向かって椎体の半分まで出っ張っています。

ドクターもさぞ大変な手術であったことでしょう。

恐らくヘルニアをそぎとる間、硬膜内の馬尾神経である第5腰神経以下を押さえ込まれていたのではないかと。

お見舞いに行ったとき、内緒でベットの上で検査してみると、

右足の趾の背屈低下、長短腓骨筋低下、対側性の協調運動低下。

末梢神経だけでなく、脳幹の機能低下も起こしているのが分かります。

やっぱり、手術のストレスは身体に大きいということを感じます。

退院して1週間後に来院してもらいました。

退院してからビリビリする感じが出てきたとのこと。

チネル徴候であれば、治る証拠。

神経の回復には、時間も必要だから。

私の実験台にしばらくなってもらいます。

よろしく。