"

 

臨床紹介「なかなか治らないのはなぜ?」

臨床紹介

ちょっと転んだだけなのに脚がしびれてきた!

座間市 女性会社員 S.Tさん 58歳

 

1か月前に駅の階段の最後で躓(つまづ)いて

とっさに左手をついてかばったけど

おでこを軽く床にぶつけてしまった。

とにかく左腕が痛かったので

整形外科に通っていたけど。

1週間前から右脚にシビレが出てきた。

治るかなと思っていましたがだんだん酷(ひど)くなるし

やっぱりアキヒロ先生の所に行ってみようと来ました。

 

左腕の感覚が鈍く筋肉の働きも低下していて

末梢神経障害が起きています。

右脚も感覚が鈍くなっていて

さらに顔を左に向けると筋肉の働きが弱くなります。

 

この現象は、中枢神経の脊髄が頚(くび)をねじることで圧迫が起きるということです。

自分では軽くおでこをぶつけただけと思っていても

実際は、頚に入った衝撃から脊髄にまで障害が起きていたということだったのです。

 

頚に衝撃が伝わると筋肉が緊張を起こします。

緊張がすぐに無くなれば影響は起きませんが

突然の刺激による筋肉の緊張は取れず継続します。

筋肉の緊張により頚のねじれた状態が続きます。

そのためにじわじわと脊髄を締め付けます。

脊髄の外側には脚に伝わる神経が並んでいます。

そのため、脚の症状として表われるのです。

 

緊張している筋肉を改善させて頚の動きの偏りを無くすと

左腕と右脚の感覚が良くなり筋力も正常に。

臨床紹介をもっと見る
患者様の声「もっと早くくればよかった!」

患者様の声

万年整体通いから解放されました!

腰痛で伺ったのに、

自律神経の問題から発症していたなんて正直びっくりしました。

運動をした翌朝に左側の腰が痛くなり、

会社から帰るころには歩けなくなるほどで困っていたところ、

友人に紹介されて来ました。

 

脚の上がり具合などを調べるのは分かるのですが、

眼にライトを当てたり顔に冷たい水や温かいお湯を触れたり。

 

でもその度に、

このパターンはちゃんと筋肉に力が入るのに、

あのパターンになるといきなりへにょっと力が入らなくなるということが起こる。

不思議⁉不思議⁉不思議⁉

 

検査の結果、

右の交感神経が高まり過ぎて左右のバランスが悪くなったのが原因とのことでした。

 

この際、徹底的にと何年も悩み続けていたひどい肩こりも相談したところ、

「肩ではなく横隔膜の問題」と。

 

丁寧に横隔膜をほぐしていただいたところ、

肩と同時に悩んでいた首(首猫背です)も気にならなくなりました。

そのまま先生の指示に従いリラックスして、

軽く触れるだけの施術を繰り返し受けていたら、

帰る頃には腰の痛みも気にならず、

腰がすっきり伸びた感覚で、

 

ああ~本来の正しい骨の位置ってここなのだ、

と分かるような軽さを感じました。

 

背筋が伸びたからか、深呼吸もいつもより深くでき、

今まで息をきちんと吐けていなかったのも分かりました。

そして息をきちんと吐くとまた背筋が伸びていく、という良い循環が。

 

先生にも日常生活のアドバイスをもらい、

その後も痛くなりそうだな、

と思った時に気を付けると、

痛くなりそうなのが引いていきます。

 

自分で心掛けられる小さな事でケアが出来るので、

万年整体通いから解放されました。

 

ありがとうございました。

 

相模原市南区 女性会社員 G.Kさん

泣きながら移動していたのがウソのようです!

 私は数年前から、右ヒザの痛みと年に数回のギックリ腰に悩まされていました。

 

 この数年間、大学病院、整形外科、リハビリ、整体、鍼灸、漢方薬と様々な治療を試しました。

 

 大学病院では、「手術で膝の骨を切って関節の角度を変えなければ治りません。」と言われ、手術をしたくないと言いますと大量の鎮痛剤と胃薬とシップを処方されるだけ。

 整形外科ではヒアルロン酸も注射しましたが、全く効果はありませんでした。リハビリも続けましたが効果なし。

 整体も鍼灸も治療した時だけですぐに元に戻ってしまいました。

 高価なサプリメントもずいぶん飲みましたがやはり効果はありませんでした。

 

 そんなことが続くうちに、ヒザだけでなく右脚全体に痛みを感じるようになり、とうとう痛みが酷くて歩けなくなってしまったのです。

 

 ですが、一体何処に行けば治してくれるのか途方に暮れていました・・・とにかく痛くて。

 

 そんな時、ポストに入っていたチラシでアキヒロカイロプラクティックを知りました。カイロプラクティックに関する知識は全くなく、整体との違いも分からず正直迷いましたが、主人も勧めてくれたこともあり、アキヒロカイロプラクティックに通い始めました。

 

 最初に丁寧な問診があり、いろいろな検査をして治療が始まりました。ポキポキとかコキコキとかは一切なく、先生の手だけで施術してくださるのですが、身体の構造などを説明しながら進めてくださるので、痛いのは脚なのにこんな離れたところが関係しているなんて‼と毎回驚きでした。

 

 通い始めた頃は脚全体がとにかく痛かったのですが、施術のたびに“痛みの元”を一つ一つ取り除いて頂いたような感じです。自律神経も整えていただき、歯の噛み合わせも直して頂きました。

 

 すると、あれほど少しの衝撃でギクッと行ってしまう腰が、いつの間にかすっかり調子が良くなってしまったのです!”脚“の痛みを取って頂いてたはずなんですけど(笑)通い始めて3か月経ちました。

 今では、痛みはほとんどありません。

 家の中ですら何かにつかまり痛くて泣きながら移動していたのがウソのようです。

 アキヒロ先生には、本当に感謝しています。先生、これからもお世話になります。

 

                        相模原市南区 主婦 A.Rさん

患者様の声をもっと見る

お知らせ

2018.04.25

本日4月25日(水)、㈱日本ネオライズの水野さんをお招きして美容講習会を開催いたしました。

 

マテリアリフレ美容講習会、小顔施術で大盛況‼

2018.04.08

開催日 4月25日(水) 午前10時30分~12時

会 場 アキヒロカイロプラクティックオフィス

参加費 無料

定 員 12名

申し込み方法 ☎042-748-2053

定員になり次第締め切ります。

 痛み、筋肉の緊張、血流の回復、皮膚の修復、浮腫みに信じられないほどの好評をいただいているマテリアリフレですが、お使いいただいている女性の方々から「シワが消える」、「肌が白くなる」、「もち肌になる」という声を沢山いただいています。そこで製造元の日本ネオライズ社から美容部門のインストラクターを招いて美容講習会を開くことになりました。

ご興味のある方は、この機会にマテリアリフレを体験してください。

マテリアリフレ体験談

 我が家では、夫婦で使っています。主人は五十肩に。しっかりぼろが出るまで擦り込むと痛みが緩和し、可動域が広がるとのことでお風呂上がりに使っています。私は、週に1,2度お風呂でパックに使っています。顔と首に使っているのですが、首は塗りながらマッサージしています。すると・・・首のしわが消えるんです‼もちろん一時的な効果ですが、つい鏡を見ながらにんまりしています。顔もモチモチになり、少しずつですが毛穴が目立たなくなってきたような気が・・・。何より超乾燥肌の私が、この冬は悩まされることなく過ごせました。さすが、高級エステで使用されているだけのことはあると思います。もう手放せません。

                            上鶴間 50代 主婦 A.Rさん

2018.03.23

3月23日(金)午後より3月26日(月)まで、機能神経学研修のため休診させていただきます。

2017.12.15

厳しい寒気が流れ込み日に日に寒さが厳しくなっております。

このような時は、体調が急変しがちです。

体調の異変を感じたら、早めに来院をお勧めします。

 

休診の日程

年末は、29日(金)まで営業します。

年始は、4日(木)から営業します。

1月12日(金)から15日(月)まで休診します。

 
12月 17  休 18 営 19 営 20 休 21 営 22 営 23 営
  24 休 25    営 26 営 27 休 28 営 29 営 30 休
1月 31 休 1   休 2      休 3   休 4      営 5    営 6       営
  7   休 8  営 9   営 10 休 11 営 12 休 13 休
  14 休 15 休 16 営 17 休 18 営 19 営 20   半休

 

2017.09.15

連休中の営業は、以下の通りです。

9月18日(月・祝) 診療

9月23日(土・祝) 休診

 

お間違えなく、ご利用ください。

 

 

2017.08.11

8月の休診日

11日(金) 12日(土) 13日(日) 14日(月) 15日(火)
定休
16日(水) 17日(木) 18日(金) 19日(土) 20日(日)
定休 10時まで 定休

以降、通常通り営業しております。

お盆期間中、予約の空がありますのでご利用ください。

 

 

2017.07.15

診療日・休診日のお知らせです。

17日(月・祝) 診療

18日(火)   休診

19日(水)   定休

20日(木)   休診

21日(金)   診療

22日(土)   診療